ドスパラ

ドスパラ売れ筋ランキング

  • 第1位

    ドスパラの売れ筋ナンバー1パソコン『プライム モナーク HX』

    モナーク LD-K

    第3世代インテルCore i7搭載モデル

    特価 84,980円

    製品詳細はこちら

  • 第2位

    ドスパラの売れ筋ナンバー2パソコン『プライム ガレリア HX』

    プライム ガレリア XG

    NVIDIA GeForce GTX680 搭載!

    特価 159,980円

    製品詳細はこちら

  • 第3位

    ドスパラの売れ筋ナンバー3パソコン『ノート ガレリア VF2』

    ノート ガレリア QF555

    最新の3Dゲームが楽しめる、高性能GeForceグラフィック搭載

    特価 99,980円

    製品詳細はこちら

評判の特価DE買得特集
ドスパラの評価
カスタマイズの知恵袋
省電力CPU搭載パソコンの紹介ページへ BTOコラムのページへ
ドスパラ@ガイドHOME » BTOコラム » CPUについて語ってみる

CPUについて語ってみる

CPUとは?

CPUとは【Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)】の略で『中央処理装置』という意味となります。『中央処理装置』という名前の如くパソコンの中心となる部分で、人間に例えると「脳」となり、パソコンの動作の基本となる部分です。このCPUの性能が高ければ高いほど、パソコンの動作がスムーズになり、安定した動きをします。

では実際にCPUはどのような働きをしているかというと、コンピュータに対する命令によって様々な数値計算や情報処理、機器制御などを行っています。例えば、処理したデータや計算などを記憶装置などに保存するといった流れもCPUの働きによるものです。

CPUの選び方 〜その1【クロック数】〜

CPUを選ぶ時にまず見た目(数値)で判断できるのが「クロック数」です。クロック数とはコンピュータ内部の各回路間で処理の同期を取るためのテンポのことで「MHz(メガヘルツ)GHz(ギガヘルツ)」の数値で表されます。一般的にはこのクロック数の数値が高いほど処理が速いとされています。

CPUの選び方 〜その2【コア】〜

「コア」とは、名前の通りCPUの核となる部分で演算処理などを行なう部分を指します。一昔前までは1個のCPUに1個のコアが基本でした(今現在私がメインで使用しているパソコンもそうです。「Pentium 4やCeleron」が有名)が、時代と共に技術も進化し、2006年頃から1つのCPUに2つのコアがあるものが登場。これが「デュアルコア」と呼ばれるものです。そしてそしてその1〜2年後には「クアッドコア」と呼ばれる1つのCPUに4つものコアがあるものまで登場しています。

CPUの選び方 〜その2【メーカー】〜

CPUのメーカーで皆様1度は耳にしたことがあるメーカーが「intel(インテル)」ではないでしょうか。その他に「AMD」というメーカーもあり、今現在のパソコンのCPU市場はこの2社が独占してるといっても過言ではありません。ではどちらの方が優れているのかというと…申し訳ございませんが、私は判断できません…実際に私は「intel製のCPU」と「AMD製のCPU」を搭載したパソコンを1台ずつ所有しておりますが、感想としては「どちらも不具合なく順調で快適です。」って感じです。 ただ、日本ではやはりCMのせいもあってか「intel」が知名度も高いですし、シェアも多いですよね。AMDが劣勢って感じもしますが、あくまで「日本国内での話」ですので悪しからず。そして1つ忘れてはいけないことが、「intel製のCPUを搭載したパソコンのCPUをAMD製のCPUに交換(またはその逆)」ってことはまず不可能(マザーボードごと交換しなければならない)なのでお気を付けください。

intel製CPUの写真(表)

CPUの画像(表)

intel製CPUの写真(裏)

CPUの画像(裏)